忍者ブログ
花粉が怖い季節が近づきつつありますね…
カウンター
りこ

名前とブログタイトル変更しました。
(こもも→りこ)
今後ともよろしくお願いします。




Link
お気に入りBlogの
更新状況が表示されます
*Mail*
natural modern mini



メールお待ちしています
Powered by NINJA TOOLS
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

保険の見直しの記事を書いてきましたが・・・。
加入する時に注意した方がいいコトがあります。

お若い方なら問題ないかもしれませんが、私のようなアラフォーになってくるとちょっと問題点もあるかと。


保険って加入する時に、健康状態を告知しないといけないんですよね。
告知義務、というそうです。

この告知次第で、保険料が変わったり、加入できるかできないか、が変わったりすることもあります。


で…
この告知なんですけど、保険加入の予定があるなら断然、健康診断前に予定を組んだ方がいいです!
というのも人間ドックや健康診断などで、もし異常が発覚した場合は、そこを告知しなければいけなくて、保険の内容が変わってくる可能性が出てくるからです。


何でこんな話をしているかというと、実際私がコレを今回、経験してしまったからなのです…。


少し前になにげな~く受けた人間ドックで、ひっかかってしまったんです。

内容は、『緑内障』


私自身も絶対検査ミスか何かだろうと思ってたし、緑内障は、よく検査結果に誤りが生じるらしく
『ホントは、どうもなかったのに…!』
なんてコトも多いんだそうです。

なので、病院にはまた機会がある時にいって(コンタクトレンズを購入するタイミングとか)、その時にもう一回検査したらスッキリするだろう…
なーんて軽く思ってたんです。



保険を加入する時に、担当の方にお話ししたところ
『一度検査をしてきた方がいい、もし何もなかったら、ちゃんとした条件の保障がつくから』
と言われました。

要するに、今の人間ドックでひっかかった状態のままを告知して、保険加入の審査に入ると、
『両目が高度障害になった場合保障されない』
かもしれない…
という状態だったみたいです。




結局、後日眼科へ行って検査してきたところ…
何もなかった、と言いたかったんですが、見事に緑内障でした\(;゜∇゜)/


最近、緑内障って多いらしいです。
若年性緑内障…。

昔は、もっと年齢が上の方がなりやすい病気だったそうなのですが、今はそうでもないらしくて。


まぁ、検査結果聞いたときは、まさか~~…って感じでびっくりしましたけど…。
(その後、また別の病院にもかかって、検査をしていただいて今は治療を開始しました。
またそのことについては、詳しく別記事にします)




緑内障の診断が出たことにより、今回の保険では、
『目に関する内容の補償』
が一部除外されてしまいました。
(どういった内容かはちょっと伏せさせていただきます)



それでもこの内容なら十分良い方で。

ヘタすると毎月支払う保険料の値段があがってしまう可能性もありました。




なんで保険金があがってしまうかというと・・・
万が一のことになった際に支払われる保険金というのは、保険会社の持っているお金から支払うのではなく、加入者個人で出しあったお金の中から、助け合うようなしくみになっているからです。

同じ年齢、性別であっても持病がある、ないで、保険請求の回数にも違いが出てしまいます。

持病のない人が持病のある人と同じように同じ額だけ、保険料をプールしていたとしたら、持病のない人は受け取る機会が減り、損になりますよね?

そういうところがあるので、差がつけられているんだとか。




というわけで、保険加入のタイミングは、ぜひ健康診断の前に(笑







にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
PR
前回の記事から時間が経ちすぎて、何書いてたっけ…?
と若干なっているこももです(*- -)(*_ _)

え~っと、保険を追加した、ということを書いてたと思います(笑

そして、その内容、ですね!(笑

がんやその他の病気のための保険。(高度先進医療含む)
色々な条件がありますが認定された時に、素早く保険金を受け取り、『生きたお金』として使うための保険です。
そして、死亡時にも役に立つし、貯蓄性もある程度高いものです。

…っていう保険についてのお話。
(自分でも内容を忘れてて、過去記事を読み直して書いてるという…情けないです(笑



最近の医療の変わった点、なのですが、一つ目に入院日数が激減した、ということがあげられます。

入院日数が激減、というのは様々な理由があるのですが

・医療が進化、進歩してきて、通院でも治療が可能になった
・高齢者が増えすぎて、入院受け入れが困難になった

だいたいこの二つが多くあげられています。


入院日数が減ると今までの保険では、何が困るの!?
ってコトなんですが・・・
今までメジャーな医療保険では、
入院した一日目から保障開始、日額支払5000円~1万円
というのが多くありました。

たぶん、10年ぐらい前は、この保険が本当に多くCMされてたかも?
今でももちろん多いですけどね…。

ちなみに、我が家は夫婦で65歳払い込み完了で、契約しています。
つまり65歳で保険料の支払いは終わっているので特に追加の支払いはないということ。
ただし、入院日数などは、色々制限もあります。




だけど~…
さっきも書いたけど入院日数が減ってるなら、この保険の利用する機会が減るんですよね。

何が役に立つか?というと…
生きてる間に、生きたお金の使い方をする保険
っていうことなんです。

まぁ、中途半端で漠然としてわかりにくい(笑

…(* ̄□ ̄*;


要する?に、たとえばガンやその他の病気と診断された時の一時金が必要なのですね。
この一時金で、治療を行う、ということが大前提となります。


ガンも以前は、ガン=死ぬ病気、っていうイメージでしたが、今はそうではなく治療をすることが可能になっています。

ガンの治療方法も本当に様々で…
医療関係者でもないので詳しくはないのですが、いわゆる高度先進医療が多くなってきています。
通常の保険の範囲外っていう自由診療なんですよね。
だから、とにかく高くて…。

高度先進医療費の9割ががん、という調査も出ているほどです。

今は、陽子線治療、分子標的薬、重粒子線治療…
など様々です。
(ご興味があれば、ぜひ調べてみてください)

特に、最近は泊りで数日で治療して帰ってくるなんてパターンもあるそう。
まるでリゾートのように施設も充実していると聞きます。
それだけ身体に負担の軽い治療もあるということですね。

だけど、これらの治療をするためには、本当にお金が必要なんですよね…。
やっぱりお金か!
と思うと夢がなくなるし、なんか切なくなるけれど。

でも自分と家族を守れるのは保険しかないんですよね。




保険は、いざという時のお守りのようなもの。
立派な貯金があれば保険には用はないのかもしれないけれど…。
そこまでの備えは普通のご家庭では難しいと思います。

かといって、保険料が普段の家計を圧迫しても意味はありません。

そのあたりの兼ね合いを色々相談するのが大切です。





ネットでも簡単に申し込める保険もたくさんあるけれど、やっぱりできればファイナンシャルプランナーさんと向き合って、自分にはどういう保険が必要か、を見極めることが大事だと思います。

担当者がいるって、些細なコトの問い合わせも相談もしやすいから、ありがたいですよ♪

少しでもお役に立てれば幸いです。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
 
こんな記事を書くのって初めて…だと思います。
なので、カテゴリーもなくて新しく『Life』というのを追加しました。

(ライフスタイルとか、こももスタイル、とか色々思い浮かんだりしたんですけどね(笑




先日、生命保険の見直しをしました。
ずーっと見直しをしよう、とは思ってたんですけど、億劫になりがちなんですよね。

ウチは夫婦でソニー生命での契約をしているんですけど、契約をしてから5年経過しましたので見直しをいかがですか?
と担当者から連絡がありました。

グッドタイミング!って感じで(笑
お願いしちゃいました♪




保険の見直しの話の前に、保険の種類の話をしておこうかと思います。

最初に言っておきますが、私は保険の素人ですしファイナンシャルプランナーでもありませんので、詳しくはないです(笑


・医療保険
病気やケガをした時の入院時のための保険。
一日5000円~1万円あたりが相場ですよね。
あと、死亡とかがんと診断されたら一時金支給、などがあります。
けど、一時金は、一回受け取って終わり!
というパターンが多いです。
(一回受けとって終わり、っていうところが重要です)

・死亡保険
文字通り、亡くなった時に降りる保険。
一番メジャーですよね。
稼ぎ頭の夫だけにかけてれば…という方も多いはず。
けれど、ここも重要で、意外と妻が亡くなった時には、家事や子どもの世話など…お金で解決せざるを得ないものも多くて妻への保険も重要です。

・個人年金
65歳…など年齢を設定しておいて、その時が来たら数回または一括にわたって受け取れるようになる保険。
若いうちからかけておかないと、年齢を重ねてからでは厳しいです。
何十年もかけて置いて、ようやく解約返戻金が元金を超えます。
なので、少しの余裕があれば、貯蓄用にするのがベスト。

上の3つとあと学資保険は我が家は契約しています。



今回追加したのは、

がんやその他の病気のための保険。(高度先進医療含む)
色々な条件がありますが認定された時に、素早く保険金を受け取り、『生きたお金』として使うための保険です。
そして、死亡時にも役に立つし、貯蓄性もある程度高いものです。



ここまで書いてきたら、どんどん長くなりそうなので次へ続けようかと思います。

次回は、まず見直し…というか、追加の部分の保険の説明が必要かもしれませんね。
今の医療はどんどん変わってきているので、時代にあった保険選びが重要、ということをお話したいと思います。
(時間をあけると内容を忘れそうなので、頑張ってまた近いうちに書きます!)


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

最新コメント
えんぴつマークがついたモノは
管理人こももより返信済みです♪
[01/09 katomie]
[10/09 fufu]
[10/06 fufu]
[10/02 ダヌオ]
[09/10 oharu]
[09/04 katomie]
[05/14 chako]
[03/29 katomie]
[02/20 katomie]
[02/20 ぐるなびアフィリエイト運営事務局]
ブログ内検索
管理画面へ







* * * * *






Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]