忍者ブログ
花粉が怖い季節が近づきつつありますね…
カウンター
りこ

名前とブログタイトル変更しました。
(こもも→りこ)
今後ともよろしくお願いします。




Link
お気に入りBlogの
更新状況が表示されます
*Mail*
natural modern mini



メールお待ちしています
Powered by NINJA TOOLS
[614]  [611]  [613]  [612]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [604]  [605
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回起きた震災によって、両親を失った子どもたちの保険金請求のお話をしようと思います。

生命保険は、かけておいても、何かあった時は、請求しない限り支払われません。

そんなことを、小さい子どもたちは、知るわけもないですし、請求しようがないのは、当然のことなのです。



せっかく両親は、子どものために・・・と今まで働いたお金で、生命保険を残しておいたのに、いざというときに受け取れない、では、何の意味もない・・・。

さて、その時、どうしたら良いか?
という話です。






今日の記事は、私にとっても、全部完全に理解することが難しいお話なので、正確な情報は、以下のページを見てくださるのが一番、ということを先にお断りを入れさせていただきます。


一つ目の記事

大災害でご両親を亡くした子どもたちの保険金請求がとても困難です


二つ目の記事

ほっとしました。保険金は受取れそうです。一部訂正します。ご指摘ありがとうございました。



ひとつ目の記事に書かれた内容で、一部修正が、二つ目の記事で入っていますので、併せてお読みいただきますようお願いします。









子どもが両親の生命保険を、請求するためには、まず後見人が必要なのだそうです。

だけど、その後見人を申請するのもまた大変で。

それから、両親が行方不明だ、という事実を証明する書類も必要。



とにかく、いろんな書類や手順を踏まないと、請求できないそうです。







私は、この記事をとっても複雑な思いで読みました。


こんなにややこしいことに、まずひとつ驚いたのと。

後見人に身近な人を立てることができても、そのお金は、ちゃんと子どもの手元へ行くのかな・・・とか。

悪い人ばっかりじゃないと思いたいけど・・・でも大丈夫なのかな・・・とか。





もっと国が、子どもを大事にしてくれたらいいのに・・・って本当に思いました。

最初から、国が、子ども全員分の教育費用だけでもせめて、面倒見てくれたらいいのに。



ある国は、優秀な納税者を育てるために教育費を全額、国が負担するといいます。

どうして、日本はそういう考えってないのかな・・・?



違う方向に、最後は流れてしまったかも




東北関東大震災 緊急支援クリック募金




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ 

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
なっつんご入学おめでとう~♪
日本全国に沢山のサクラが咲きますように。

二人目の保険も考えていたところだったので参考になりましたっ
いち URL 2011/04/12(Tue)15:46:03 編集
Re:無題
++ いちちゃん ++

ありがとう!
ホント、日本国中、たくさんのサクラが咲いてほしいね。

二人目ちゃんも保険、必要だよね。

私は、最近、小さいうちから大人になるまで払って、保障はずっと続く生命保険とかって(医療保険だったっけ?)どうなのかなってちょっと気になり始めてるよ。

でも学資保険と内容がかぶっちゃうんだよね~。
保障だけがほしいなって思うんだけど・・・

2011/04/12 23:34
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
えんぴつマークがついたモノは
管理人こももより返信済みです♪
[01/09 katomie]
[10/09 fufu]
[10/06 fufu]
[10/02 ダヌオ]
[09/10 oharu]
[09/04 katomie]
[05/14 chako]
[03/29 katomie]
[02/20 katomie]
[02/20 ぐるなびアフィリエイト運営事務局]
ブログ内検索
管理画面へ







* * * * *






Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]